<< ツッフェンハウゼンからの贈り物(90’s Porshe964Carrera2 5mt Zermattsilver) | main | 空冷水平対向10発赤貧生活、ドキドキの初奥多摩ドライブ(ポルシェ964カレラ2 5mt) >>

夢の空冷水平対向10発赤貧生活、早速初トラブルの洗礼?(90年型ポルシェ964カレラ2 5mt)

0
    130713_0800~0001.jpg
    '93年型BMW R80(ハチマル君)と'82年型クラウザーMKM1000(皇帝陛下)。

    二台の空冷水平対向2気筒OHVエンジン搭載のバイクに、火曜日の夜に納車されたばかりの'90年型ポルシェ カレラ2 マニュアル5速(愛称考え中)空冷水平対向6気筒SOHCエンジン搭載を新たに迎えて、夢の空冷水平対向10発赤貧生活がスタートしました。

    カレラ2は納車当日に軽く走ったきりです。
    昨日、早起きをして、涼しいうちにちょっと近所を走ろうと連れ出しました。

    納車時は暗かったので、よく見えなかったところまでチェック。

    内装、外装は本当に綺麗です。
    ツェルマットシルバーの車体色は、少し黄色味がかったシルバーで、とても上品。

    そして個人的に、このカラーリングには、お約束の後期ルック、(ターボミラーと17インチカップホイール)より、前期型デフォルトのダサくてでかい、四角いミラーと、16インチの亀さんの甲羅のような純正ディッシュホイールの方がクラシカルで、ダサかっこいいと思っております。
    実はワタクシ、この四角いミラーの方が質感も高くお気に入り。

    さて近所を走った後、給油にシェルに立ちより、再びエンジンを掛けるとガソリンのセンサーが反応せず、ガソリン切れランプが点灯。

    そして赤いビックリマーク(ブレーキセンサー?)
    キャタライザー?(排気系温度警告ランプ)点灯と、ずいぶん賑やかなお祭り?モードに。(苦笑)

    とりあえず帰宅してエンジンを冷やし、車体をキレイに拭き拭き。

    車庫にしまおうとエンジンを掛けるもすぐにストール。
    また掛けるもストール。
    ん?
    繰り返すこと四回。

    すると、セルモーターが回らなくなりました。
    バッテリー上がりか?

    調べてみるとバッテリーは死んではいないものの、明らかにあがり気味。

    バッテリーを充電して、次の日に走って様子を見る事にしました。

    二回目の乗車で初トラブル。

    まあ予想はしていましたが、自宅で止まってくれてラッキーでした。
    JUGEMテーマ:車/バイク



    コメント
    おーっと、いきなりの先制パーンチ!を喰らったようですね。バッテリー充電して生き返る事を祈ります。初期型964の定番、DMEリレーかツインデスビ廻り?その二つは消耗品だから定期的にメンテ、部品交換が必要です。特にDMEリレーは交換時にスペアを一つ購入して自分で交換出来るように教わっておくといいかも。23年モノの個体、一度トラブル出しきれば楽しいですよ(笑)
    • Jack Amano
    • 2013/07/15 2:02 PM
    コメントする









    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    twitter
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM